消費者金融を主婦が利用するには

主婦がキャッシングを始めるとき、兼業主婦か専業主婦によって利用できる金融会社に違いがあります。
2010年に総量規制で融資が制限されるまで、キャッシングの利用者は主婦が一番多かったのですが、総量規制の制限により融資限度額は年収の3分の1以内となったため、消費者金融でキャッシングをする条件として「一定の収入があるかた」となってしまったので、結論から言えば収入のない専業主婦は消費者金融を利用することはできず、おなじ主婦でもパートやアルバイトをして収入を得ている兼業主婦のバート代やアルバイト代は一定の収入と考えらえるので消費者金融や銀行カードローンどちらも利用できます。
専業主婦がどうしても消費者金融を利用するときは、主婦の名義で利用できず、ご主人の収入証明を利用して申込みができますが、名義はご主人名義になり在籍確認もあるのであまりおすすめの方法といえません。
子育てで忙しくパートやアルバイトに出られない専業主婦はキャッシングができないように思えますが、銀行のカードローンは総量規制の影響を受けず、年収に関係なく銀行独自の審査基準で融資を受け付けるので専業主婦でも申込ができます。
消費者金融口コミをチェックすると銀行は審査もきびしいといわれ、無収入の専業主婦は審査に通らないと思われがちですが、イオン銀行の「イオンカードローンBIG」は50万円まで、三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」は融資限度額30万円までの主婦専用の商品があり、収入証明も不要で名義も本人名義になるのでこれらの利用を考えてはどうでしょうか。

Posted in ローン | Tagged | コメントは受け付けていません。

収入証明不要のキャッシング

キャッシングをするとき、フリーローン審査で収入証明不要のときと収入証明が必要なときがありますが、どのような場合収入証明が不要のキャッシングになるのでしょう。

キャッシングには銀行系と消費者金融系、信販系とありますが、審査を受けるとき消費者系や信販系は総量規制の対象になるので年収の3分の1以内が融資限度額と制限されているため、借入希望額が50万円をこえるときやすでに他社の借入もあるときは合計100万円をこえるときは収入証明書(給料明細書、源泉徴収票、納税証明書など)で総量規制範囲内なのかを確認することが義務づけられています。

銀行は貸金業法の適用を受けないので年収に関係なく融資をすることができるのでほとんどの銀行のカードローンが100万円以下の借入希望額のときは収入証明が不要となっていますが、ジャパンネット銀行や楽天銀行のスーパーローンは200万円まで、オリックス銀行のカードローンは300万円以下の融資希望額は収入証明が不要となっています。

消費者金融を利用してキャッシングをするときは年収がなければ融資を受けることができないため、専業主婦のように収入がなければ利用できませんが、収入証明不要のキャッシングは年収に影響されたいため、無収入の専業主婦でも銀行の審査に通れば収入証明を出すことなく融資を受けられます。

専業主婦対象の商品として、三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」は30万円まで、イオン銀行は50万円まで利用できる商品を扱っています。

Posted in ローン | コメントは受け付けていません。

キャッシングに規制はあるの?

キャッシングでお金を借り入れする時に、規制がある場合があります。それには、総量規制という法律が深く関わってきます。

総量規制とは、個人に向けた借り入れに適用される法律で、借り入れできる総額をその人の年収の3分の1までに制限するという内容のものです。例えば年収が300万円の人なら100万円まで、年収600万円の人なら200万円までが、借り入れ可能な金額になります。総量規制は、賃金業法という法律の中で定められた規制です。

この法律が定められるまで、消費者金融などのキャッシングで多重債務者が増えてしまい、夜逃げや自己破産などの問題が深刻化していました。そういったことを是正するために、貸し付け金額を制限することが定められました。

この総量規制は、ノンバンクといわれる、銀行以外の金融機関からの借り入れに対して規制されるものです。そもそも、賃金業法は、消費者金融やクレジットカード会社などの賃金業者が守らなければいけない法律なのです。銀行には、銀行法という法律がありますので、まったく別物なのです。

ですので、消費者金融などから借り入れする時は年収の3分の1までの金額までしか借り入れできませんが、銀行系のカードローンなどでしたら、総量規制の対象外となり、審査に通れば年収の3分の1以上の融資を受けることも可能です。まとまったお金を借り入れしたくて総量規制で困っている方は、銀行系のカードローンを検討してみるとよいでしょう。

参考・・・ノーローンの増額審査の基準は?

Posted in 融資 | コメントは受け付けていません。

総量規制はキャッシングを難しくしているのではない

総量規制を「ああ助かった借り過ぎなくて済むようになった。」と受け取る人もいれば「これじゃあ全然足りない、貸金業法改正前はよかったなあ。」と感じている人もいます。

総量規制は貸金業者利用者を保護するためである、ということを分かっていても、自分が必要な金額のはるか下に総量規制が設定されていれば困ってしまうというわけです。

総量規制の金額いっぱいに達してしまった借り入れ金額は、その後どうすることもできません。コツコツ返済して、規制の額に余裕を作るしかないということになるのです。

収入の半分を返済額に充てることになると、生活が成り立たなくなってしまうと言われています。もちろん、家族を持っている人ならば収入の半分よりもっと少ない金額でも生活に支障がでてしまうでしょう。

今すぐお金を借りる金額には、とにかく計画が必要です。自分で「これぐらいなら返せるだろう。」という大まかな計算だけでは、後々困った事態になるかもしれません。毎月1万円あるいは2万円など返済額を具体的に支出に組み入れてみて、実際に返済していくことになったら他の生活費なども含めて支出がどうなるのか、ということを考えてみる必要があるのです。

キャッシングに関しては、見切り発車は失敗の元となってしまいます。総量規制は十分な金額を借り入れできなくなってしまった法律ではなく、利用者の返済計画を助けるガイドと考えることもできるはずです。完済するまでがキャッシングです。借り入れるときよりは長く続くはずの返済ライフを、快適にすることを考えてみましょう。

Posted in 借り入れ | コメントは受け付けていません。

クレジットカードのキャッシング希望利用枠

「キャッシング希望利用枠」という言葉は、おそらくクレジットカードを作ったことがある方ならば、なんとなく見覚えがあることも多いのではないでしょうか。
何故なら、クレジットカードを作った際に、この希望利用枠を問われ、金額を記載しているはずだからです。

キャッシング希望利用枠とはその名前の通り、「一体いくらまでのキャッシングを希望するか」ということです。
返済することができないほどにお金を借りてしまうということがないようにというシステムですね。

たとえば、クレジットカードの利用可能枠が20万円で、キャッシング希望利用枠を10万円とします。
すると、キャッシング利用では10万円までしか引き出せません。また、ショッピングで15万を使ってしまっていた場合は5万円までしか引き出せないことになります。

この利用可能枠は返済が済むまではリセットされず、毎月20日が返済日であれば1月20日から2月19日までの間で、ショッピングとキャッシング合わせて20万円までの利用ができます。もしも、2月20日時点で先月分の返済が滞ってしまった場合には、2月20日を過ぎても利用可能枠がリセットされることはありません。
(例:1月20日から2月19日までに15万円使った。2月20日に返済することができなかった。2月20日以降も返済が済むまでは3月20日になっても4月20日になっても、残り利用可能枠は5万円まで。)

参考:即日融資キャッシング【急ぎでもお金を借りたいときに】

Posted in 融資 | コメントは受け付けていません。

キャッシングは即日審査が主流

インターネットの普及に伴って、ネットで申し込んで即日審査、契約、振込みをするキャッシング会社が増えており、すでにこうしたネットで完結するビジネスモデルが主流になりつつあり、この業界も大きく変化しようとしています。

ひと昔前までは、キャッシングというと店頭で申込みをし、カードを発行されたから融資を受けるというが基本でしたが、今では、まず申込みからインターネットで行い、即日審査を受けて早ければ30分から1時間程度で審査結果がわかるのです。

また、本人確認書類の送付もこれまでは郵便によるものしか認められていなかったのですが、今ではネットでメールに書類を添付して送付することも可能になり申込みの即日に契約にまでこぎつけることができるようになっているです。

また融資もカードが発行される前に指定口座に振込みされるようになっていますので、本当に名実ともに申込み後即日振込みまで実現されるようになり、大変便利な状況になってきており、少し前とはまったく異なるスピード感のあるビジネスモデルを展開するようになっているのです。

Posted in 消費者金融 | Leave a comment